この写真を撮ったのはいつだっただろう。

はっきりとは覚えていないけれど、たぶん、「宮崎を出よう」と決める一年前の夏。

ということは、たぶん3年半くらい前のものかな。

今は東京に住んでいる私は、このときはまだ宮崎に住んでいて、そこを出てくるとは夢にも思っていないとき。


これはビーチとヨットハーバーの間を、海に向かって続く堤防。

その下のベンチは、日差しが暑い昼下がりでも陰になっていて涼しい。

平日だとひと気がなくて、私はそこで本を読んだり、ぼんやりと考え事をしたりするのが好きでした。


この時期ひとりで過ごす時間が長かったのは、胸の中に、うまく言葉にできない、落ち着かない感覚があったからかもしれません。

自分の居場所がここではないような、遠い場所への憧れのような、もやもやするような、落ち着かない感じ。


今ふり返ってみれば、この時期になにが始まっていたのかが分かります。

それは、言葉にしてみると「植え替え」が一番近いかもしれない。


うまく言葉にできないあの落ち着かない感覚は、

私、という生き物をこれまで育った土地から抜き取り、新しい地面にうつし替える時がきた、という衝動だったと思う。


この写真を撮った時からおよそ一年後に、私は宮崎を出て横浜、千葉、東京へとうつり住みます。

そして今感じているのは、このとき求めていただろう環境に自分がいて、少しずつ根づいてきたような感覚です。

前々回に書いた記事『「あきらめる」、こと』で書いていた区切りというのは、そういうことなのかもしれないな。



占星術では時期を読む方法があって、私のこの「植え替え」の時期も読み取ることができます。

星がなにかをするわけではなく、考えたり動いたりするのは人です。


ただ、自分の内側に生まれた衝動と星の動きが一致することを知ると、不思議さと同時に、「気持ちがスッキリとして、心強いあと押しをされたように感じます」、と言われる方が多いです。


昨年の12月から
2013年のあなたを読みとく占星術イヤーリーディングワンデイWSをしています。

参加してくださる方はやはり現在、なんらかの変化の波を意識されているようです。

その気持ちの動きや、決意や夢を聞くたびに、ちょっと眩しく、懐かしい気持ちになります。


そういえば明日12日は、明け方に新月。

なにか新しいスタートを感じている方も多いかもしれませんね。


**********

1月20日に予定しているイヤーリーディング講座はおかげさまで満席ですが、ご希望がありましたら個人セッションでもできます。

お問い合わせくださいませ(^^)

もしもお問い合わせフォームからうまく送信ができない場合は、

chie909gmail.com  を@に変えてメールを送ってください。

**********
 

(2013.1.11)

関連する記事
コメント
コメントする